« もんぢブログ発動! | トップページ | 雨ニモ負ケズ(2) »

2009年8月23日 (日)

雨ニモ負ケズ(1)

ご存知の方も多いと思いますが、シャイヤ川柳キャンペーンと言うのがあり、応募作を考えているうちに、川柳じゃないものが出来上がってしまいました。
せっかく作ったし、もったいないので、勢いで応募したところ、なんとそのままメルマガに掲載されてしまいました。(;^_^A

以下がその文章です。(カッコは原文です)

雨にも負けず            (雨にも負けず)
風にも負けず            (風にも負けず)
寝落ちにも回線障害にも負けぬ (雪にも夏の暑さにも負けぬ)
丈夫なパソコンを持ち       (丈夫な身体を持ち)
ルーンはなく            (欲はなく)
決してラピもはまらず       (決して怒らず)
いつもしづかに露店してる    (いつも静かに笑っている)

一日に夢と希望と悲しみと   (一日に玄米四合と)
ヘリルの機能をたべ       (味噌と少しの野菜を食べ)
あらゆるMOBを         (あらゆることを)
自分の能力を無視して     (自分を勘定に入れずに)
よく見聞きし分かり       (良く見聞きし分かり)
でも勝てず            (そして忘れず)

怒りの国のイリスの町の    (野原の松の林の蔭の)
密売している部屋にゐて    (小さな萓ぶきの小屋にいて)

東に病気のアサあれば     (東に病気の子供あれば)
行ってデズペルしてやり     (行って看病してやり)
西につかれたガデあれば    (西につかれた母あれば)
行ってヒールしてやり       (行ってその稲の束を負い)
南に死んだヲリあれば      (南に死にそうな人あれば)
行ってレザしてやり        (行って怖がらなくても良いと言い)
北にイベントあれば        (北に喧嘩や訴訟があれば)
つまらないからやめろと言い   (つまらないからやめろと言い)

光の祝には涙を流し       (旱(ひでり)のときは涙を流し)
怒りの祝ではオロオロ歩き   (寒さの夏はオロオロ歩き)
みんなにデクノボーと呼ばれ  (みんなにデクノボーと呼ばれ)

褒められもせず         (褒められもせず)
苦にもされず          (苦にもされず)
そんな私は           (そういうものに)
殴りオラ             (わたしはなりたい)

これは、宮沢賢治の有名な「雨ニモマケズ」のパロディです。
何となく、うまい具合に当てはまってしまいました。

この原文(雨ニモマケズ)は、宮沢賢治が亡くなってから発見された詩なのだそうですね。
カバンの中に入っていた手帳に書かれていたのだそうです。
謙虚な人間として静かに生きていきたい・・・と言う意味なのでしょうか。

・・・わ・私と一緒ですね。(ほんとかぁ?^^;)

|

« もんぢブログ発動! | トップページ | 雨ニモ負ケズ(2) »

シャイヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もんぢブログ発動! | トップページ | 雨ニモ負ケズ(2) »