たわごと

2011年6月10日 (金)

ハイブリッドエンジン

先日、洗車場にて洗車している時のおはなし。
洗車場は、1~5番の場所があり、私は4番にいました。
 ↓
Photo

すると、1・2番の人が洗車を終了。場所を移動し、車を拭き始めました。
どうやら二人、仲の良い友達らしい。

 「俺の車は、お前のより良いんだぜぃ!」

って感じで自慢しながら、車をフキフキしています。
しかし、途中からなんだか話がおかしな方向に・・・。
A君(インテグラ)B君(セリカ)の会話を再現してみましょう。

---
A 「俺の加速は、お前と比較にならないね。さすがホンダのVTEC!」
B 「そんな事ない。セリカのエンジンを馬鹿にしちゃいけないね!」
A 「ほぉ~、どこが良いんだよ?具体的に言ってみ!」

一瞬、言葉に詰まるB君

A 「ふははっ!やっぱ俺の車にゃ勝てないね。」
B 「ち、違うって!そんな事ない!」
A 「じゃあ、お前のエンジン、どこが良いんだよ?!」
B 「俺のはなぁ、俺のはなぁ・・・」
A 「俺のは?」 ← ちょっと馬鹿にした感じ
B 「じ、実はなぁ・・・」
A 「実は?」 ← かなり馬鹿にした感じ
B 「ハイブリットエンジンなんだっ!!」

セリカのハイブリッドって・・・(・_・)んなバカな・・・

A君のツッコミが始まります。

A 「んなワケないだろ!www」
B 「ほ、ホントだも!」
A 「ほぉ~。じゃあアクセル踏むと、どんな感じなんだよ?」
B 「んと・・・ブォンブォン!ブブンブンブン!・・・シーン
A 「??
B 「・・・“あっ!いま電気に切り替った♪”・・・ってな感じよ!」

突然、私の隣(3番)で洗車してた人が

 `;:゙;`;・(^ε^ )ブッ!!

A君、ツッコミを緩めません。

A 「じゃあ、バッテリーどんだけ積んでるんだよ!?」
B 「バッテリー?」
A 「おぅ、ハイブリッドなんだろ?バッテリーはどこに何個あんだ?」
B 「ば、バッテリーは・・・」
A 「バッテリーは?」
B 「た・・・単3電池がトランクに2000本

今度は、反対側(5番)の人が

 `;:゙;`;・(^ε^ )ブッ!!

A 「2000本!?」
B 「だって俺の車2000ccで、トランク小さいから単3なんだ!」

A君、ドンドン追い詰めます。

A 「お前さ、さっきボンネット開けてたよな?モータ見えなかったぞ。」
B 「そらそうよ (^ー^)v 」

なんか、B君が勝ち誇っています。

A 「??なんだよー、その偉そうな態度。」
B 「ふふっ!なんたってマブチモーターだからな。小型なのさ。」
A 「それプラモデルのモーターだろ!一体何個付いてんだよ!?」
B 「・・・に・・・2000個

両側から、ステレオのように

 `;:゙;`;・(^ε^ )ブッ!!

こんな話をしていると、急に雨が降ってきました。

A 「あら!降ってきやがった!せっかく拭いたのに!」
B 「・・・」
A 「おぃ、帰ろうぜ。」
B 「ふふ・・・」
A 「なんだよ?」
B 「俺の車は、雨だって大丈夫さ!」
A 「何がだよ!?」
B 「だって、ハイブリッドだから・・・」
A 「もぅ分かったから、行くぞ!」

---

こんな事を話しながら、二人は去っていきました。
どこをどう聞いても、普通のエンジン音で。

その後、残された3名 (お互いに知人ではない) は、雨の中で目を見合わせ

もんぢ 「面白かったね (^_^;」
3・5番 「うんうん (^_^; 」

平和な気持ちになれました。www

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

自動販売機

先日、会社の近くにある自動販売機で飲み物を買った。

缶コーヒーを買って顔をあげた時、なんだか不思議な違和感が・・・。

「??・・・!! (^0^;」

理由が分った瞬間、思わず写真を撮っていましたwww
   ↓
Hot

さて、あなたには分りますか?

ちなみに3日後には直っていました。w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

みんなガンバレ Part3

塾の電話から1時間後、自宅に来た電話より。

---

また電話が鳴る。

 もん 「もしもし?」
 相手 「お忙しいところすみません。○○不動産の××と申します。」

元気一杯の声。あーぁ、マンション買えって電話だな、きっと・・・。
この手の電話って、手元のマニュアル見ながら、こっちに話すスキを
与えずに延々としゃべるし、しつこいんだよなぁ・・・。

だが、しかし、

 相手 「奥様でいらっしゃいますか!?

σ(・_・)? オトコ デスガ...

 もん 「いえ、違いますが・・・ (・_・) 」

そう言ったら、雰囲気が変わった。

 相手 「あ、あ、あ、すみません!失礼しました! (ガチャ)」

しつこくなかった。

きみ、マニュアル読む場所を間違えたね?(・_・)b

がんばれ!\(^0^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

みんなガンバレ Part2

昨日、実際に自宅に来た電話より。

---

電話が鳴る。

 もん 「もしもし?」

相手は、やけに早口な男性。塾の営業らしい。

 相手 「もしもし、こんにちは。○○塾の△△と申します!」
 もん 「はぁ」
 相手 「お宅のお子さんは塾に通っていらっしゃいますか?」
 もん 「えっと・・・」
 相手 「私たちの塾に通ってみてはどうですか?」
 もん 「えっと・・・」
 相手 「どこにも通っていなければ、私たちの○○塾どうですか!?」

一気に吐き出すように話し切る。
電話の向こうで、何か期待して待ってるような雰囲気。

 もん 「あのー」
 相手 「は、はい!」
 もん 「もしも塾に通っていれば、お宅の塾は必要ないですね?

そう言ったら、雰囲気が変わった。

 相手 「はい・・・そうですね・・・_| ̄|○

あら?納得しちゃった。(^_^;

 もん 「(^_^; もしもし?」
 相手 「・・・失礼しました・・・_| ̄|○ (ガチャ)

ものすごーーーーく、ガッカリしているのが、手に取るように分かった。
きみ、塾で先生のバイトをしてる人かな?(^^;

がんばれ!\(^0^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

みんなガンバレ Part1

怒涛の仕事が完了し、久しぶりにノンビリしたお休み。
天気も良い。
明るい太陽の下、子供の楽しそうな声がする。なんだか平和を感じる。
そんな日の出来事。

---

外に出ると近所の子供(男の子、4~5歳くらい)が、突然、私のそばに駆け寄ってきた。

 男の子 「ねぇねぇ!うちのパパはすごいんだよ!」

別に話をしたこともない子供だったので、突然話し掛けられて少々驚いた。
一体どうしたと言うのだろう? 何がすごいのだろう?

興味をおぼえ、聞いてみた。

 もんぢ 「どうしたの?」
 男の子 「あのね、うちのパパはテレビも直したし、電気も点くようにしたし、
      R2D2の足もくっつけたんだよ!」

なるほど・・・どうやら、修理が得意な父親らしい。

ちょっとした修理かもしれないが、小さな子供には、すごい能力に見えるのだろう。

 “自分のパパはすごいんだ”

私の様な見知らぬ人にも自慢する子供の気持ちに、少々感動していた。

子供が外で自分の父親を自慢する・・・子供が親を尊敬しなくなった現代に、これこそ親子の理想の姿だ!
私は、その父親を褒めてあげるべきだと思った。

この子のために・・・そして父親のために・・・。

 もんぢ 「へぇ、そうなんだ。お父さんすごいね。」

自分の父親を褒められ、目を輝かせて、嬉しそうに弾んだ声が返ってきた。

 男の子 「うん!!すんごーく便利なんだー!」

お・と・う・さ・ん・・・_| ̄|○ カナシス

子供って正直だな・・・がんばれ!お父さん!\(^0^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

高いマンション

急に仕事が、めちゃくちゃ忙しくなった。シャイヤできない・・・ (;ω;)
だから“たわごと”でも書こう!(^_^;ゞ

先日、外出中の駐車場にて。

---
6階建て駐車場の5階に停めた。そしてエレベータホールへ。

そこには5~6歳くらいの子供とそのお母さん。どうやら父親が1階で駐車料金を清算中で、
先に上がってきたらしい。

小さな子供、下を見下ろして「うわぁ!すごく高いなぁ!」
とても嬉しそう。

私はその横で、エレベータ待ち。
母と子の会話が、すぐ横で行なわれている。

子 「あっ!ねぇねぇお母さん、あれ何!?すごいよ!」
母 「あれはマンションだよ。大きいねぇ。」

なんとなく、横目でチラと見る。 そこから見えるは、最近出来た20階建てマンション。
それを見上げ、子供はしきりに感心してる。

子 「すごいなぁ。大きいなぁ!!」
母 「ホントだねー、大きいねー」
子 「一番上に住みたいなぁ、高いから遠くまで見えるよ!」
母 「きっと遠くまで見えるねー」
子 「いいなぁ、僕も2階建てマンションからあそこに引越したいなー。遠くを見たいなぁー!」

 ───── 母 答えるまでに 一瞬の間 ─────

母 「・・・うちは戸建なのよ~」


お母さん、子供に“戸建”はないでしょう。(^_^;
それってσ(^_^;)に説明していますね?
別にσ(^_^;)を気にしなくても良いですよ。

そう思いながら、到着したエレベータに乗り込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

言いたくない

たまには「たわごと」カテゴリーで書いてみようかな・・・知り合いから聞いた話。

その人には小学校5年生になる娘さんがいる。
結構頭も良く、私立中学を目指して塾に通っているそうだ。

その子の通う塾に、夏期講習の時期から新しい塾生(男の子)が入ってきた。
先生が「今日から一緒に勉強する新しい仲間を紹介します」と、その少年に自己紹介を促した。

少年 「言いたくない」
先生 「は?」
少年 「言いたくない」
先生 「名前は?」
少年 言いたくない!

と、自分の名前を頑として言わなかったらしい。

先生も困り果て、とりあえず少年を席に着かせた。
その席が、私の知り合いの娘さんの隣。

「私は○○です。よろしくね。」と少年に声をかけ「名前は?」と聞いても、想像通り
「言いたくない」と。

先生は?と言うと、その少年の主張を考慮してなのか、先生の口からは名前を公表していないらしい。
その少年は、未だに名前を公表しておらず、誰も名前を知らないそうだ。
じゃあ、何と呼ばれているか?

先生は出欠確認の点呼で「言いたく ないぞう 君」と呼んでいるそうだ。

この少年、いつか大物になる。
漠然とそう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

史上最強の難問

【ホームズ君史上最強の難問】と言うのを発見!!

Photo

正解者の中から抽選で1名に、
 六本木か青山の高級マンションどちらかに2年間タダで住める権利
が与えられるらしい。
回答期限は、2010年8月31日23時59分まで。

ヒントのヒントは解けた(・・・と思う)。
でも、答えが分からない il||li _| ̄|○ il||li

・・・現在の正解者=0人・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

今そこにある恐怖

快晴の初夏。暑い一日。エアコンに喜びを覚える車の中。
会社へ戻る信号待ち、あまり並んで欲しくない車が左隣に並んだ。
俗に言うVIP仕様車。ボディからハの字にはみ出すワイドタイヤ。真黒のガラスに「Teamなんとか」っていうカッティングシートをでかでかと貼った、シャンパンゴールドのディアマンテ。

運転席側の窓は全開。その窓から右腕をダラーンと出し、左手一本の片手運転。

チラリと見ると、運転手は横柄そうな(他の車の前に無理矢理割込んで平然としていそうな。または、追い越そうとすると、スピードを上げて追い越しさせない様な)感じの男。

全開の窓から、大音量の音楽がガンガンと響き渡る。
こっちが窓を閉めていても、はっきりと聞こえる大音量。
私の車が震えるほどのズンズンズンという振動は、どこか聞き覚えのあるリズム。

「あーあ、変なヤツが横に並んじゃったよ。嫌だなぁ。それにしてもうるさいな。」

と思っていると、歌が聞こえてきた。

 ♪大きな空を眺めたら、白い雲が飛んでいた♪

しっかりと聞こえているのに、聞き間違いかと思った。 (・_・)

 ♪今日は楽しぃー今日は楽しぃハーイキーンーグ~♪
 (チャランチャ チャランチャ チャン ズンズンズン

この能天気なリズム、間違いない。(;・_・;)

なぜだ?! なぜお前はサザエさんのエンディングを大音量で聞いている!?

理解できない。 確認したい。 隣を見たい、どうしても見たい。 でも無理。 怖くて見れない。

一般的意味の“怖そうな人だから”ではなく、得体の知れない恐怖に襲われて見れないのだ。
正面を見ながら横目で瞬時観察。
外に出た右手。人差し指が トントントン と軽快なリズムを刻んでいる。更なる恐怖が私を襲う。

逃げよう。青になったらすぐ逃げよう。

青! 
私が一歩リードの発進。遅れたディアマンテ。逃げる私。背後から迫り来るサザエさん。
急加速で私を追越し、どんどん離れるディアマンテ。そして、ドップラー効果

 ♪サザエ サ ザ エ さん、サザエさーんは、ユカイだなぁ~~~♪

恐怖とは、様々な形で突然目の前に現れる。

そう・・・それは明日、あなたが味わうかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

スキルリニューアル

ちょっと「たわごと」を書かせてもらいます。

シャイヤを始めて1年10ヶ月・・・今日初めて、やる気なくしました
こんなに面白くないシャイヤをやったのは、初めてかも。

今回のスキルリニューアル。これは改善ではなく改悪ですね。

【その1】
スキルポイントが初期化されていない
スキルが変更され、しかもスキルの削除や統合をしたのなら、初期化すべきではないの?
前回のスキル変更は初期化したのに、なぜ今回は初期化しない?
サイトを見ると、スキル初期化魔石が、2,000BP→1,000BPで売っているみたい。
要するに、シャイヤやりたいなら課金しなさい・・・という営業的な方向に走ったのかな?
プレーヤーの事を考えず、商業意識に走ったら、色々な意味でまずいんじゃない?

【その2】
過去に取ったスキルが使えなくなった。ドラスレとかパワーアップポーズとか。
しかも使えなくなったスキルのポイントは、そのまま消費しっ放し
運営側の都合でスキルを削除して、ポイントの初期化もしないなら、その分のポイント返却すべきではないの?

【その3】
同様に、ポリューションゾーンは、ファイ/ヲリ → DF/GD の専用スキルに変更された。
両方が使えるスキルにするなら分かるけど、DF/GD に変更する意図が分からない。
ファイ/ヲリで、このスキルを取っている人は、切り捨てですかね?

【その4】
ファイ/ヲリの人なら、誰もが知っているスキル「バッシュ」。
自分にはLV35のヲリがいます。そのヲリはLV31で バッシュ3 を取りました。
1
  これ(↑)が変更前の表示

今回のスキル変更で バッシュ3 は、LV36以上(40くらい?)でないと使えないスキルになったようです。
2
  これ(↑)が、現在の表示

・・・で、今、LV35のヲリは、バッシュ自体が発動出来なくなっています
これってどういうこと?
とりあえずバッシュ2 を使えるようにして、バッシュ3 の分のポイント返却するとか、考えないのかな?

【その5】
DF/GDの話だけど「マジックレンジ」というスキルがあります。
これが、今回「リムーブレンジ」というスキルに変更され、スキル内容も変更されました。
スキルの内容自体を変更するって、どうかと思う。
これにより、自分にとって不要なスキルになるかもしれないよね?

※ 上記はヲリ・ガデで気が付いた部分だけど、他の職の人も、色々と文句はあるはずですよね。

今回のスキルリニューアルで、プレーヤーがさらに楽しめる様になったと思っているのかな?
光も怒りも関係なく、みんな困っているんじゃないのかな?

今までは“シャイヤの運営さん頑張っているな”って思ってたんだけどなぁ。
なんか、とてもガッカリした1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)